平和・基地

辺野古の今

P1050004辺野古の今。地元の機動隊に替わって、警視庁の機動隊が座り込みの排除を行っている。工事車両が出入りするたびに排除が行われる。そのたびに怒号が飛び交うがどちらもなれたもの。この座り込みの現場は基地問題を考える学習の場となっている。若者の発言も多く、ここから日本の未来が見えるような気がする。2日間の参加で一度だけごぼう抜きされました。
P1050002

P1040990 P1040992

| | コメント (0)

2015年3月24日東京新聞掲載文

神奈川新聞に続き、東京新聞にも掲載された。 

基地負担全国で平等に 

 先日訪れた沖縄では、さまざまな選挙で宜野湾市にある普天間飛行場の日本への返還と名護市辺野古への新基地建設反対の民意が明確に示された。それにもかかわらず、本土政府のよる建設強行という非民主的強権的姿勢は、多くの反発と不信を招いています。

 日本国土の0.6%の中に74%の米軍基地が存在するという異常さは際立ちます。外国の軍隊が置かれ、多くの土地が占領されているということを一方的に押し付け、その負担を平等にしようとしないことは沖縄を差別し、植民地主義としての意識の表れといえるのではないでしょうか。

 私の住む神奈川県綾瀬市には戦闘機の爆音問題等を抱えた厚木基地があります。住み始めてから37年、その間、騒音の苦しみは変わったのでしょうか。被害に苦しみ静かな空を求める爆音訴訟は既に四次まで進みながら、一向に解決していないのです。 

 戦後70年たった今年、日本全体で基地問題にきちんと向き合っていかなければなりません。首都圏には首根っこを抑えるかのように米軍基地が点在しています。

 戦後の占領政策が事実上そのまま続き、その上空を自由に飛べない国は真の独立国家とは言えません。他国へ自衛隊を派遣しようとする前に、ぜひともこれらのことを解決していただきたいものです。

 不平等条約という指摘もある日米安保条約が破棄されず、米軍の駐留がすぐになくならないのであるならば、基地負担は全国平等になされるべきだと考えますが、いかがですか。

 

 

| | コメント (0)

2015年3月20日神奈川新聞掲載文

今年、沖縄で知念ウシさんの著作を何冊か読んだ。そして彼女の主張に同感し、帰宅後まず神奈川新聞に投稿。以下掲載文です。

基地問題は平等に負担を 

 私の住む綾瀬市には軍用機の爆音問題等を抱えた厚木基地がある。住み始めてから37年、その間、騒音の苦しみは変わったのだろうか。被害に苦しみ、静かな空を求める爆音訴訟はすでに4次にもなる。しかし一向に解決していないのだ。

 首都圏には首根っこを押さえるかのように米軍基地が点在している。戦後の占領政策がそのまま続き、その上空を自由に飛べない国は真の独立国家とは呼べないだろう。

 先日訪れた沖縄では、様々な選挙で辺野古新基地反対の民意が示されたのもかかわらず、政府による建設強行という非民主・強権的姿勢が反発と不信を招いている。国土の0.6%の中に74%の米軍基地が存在するという異常さ。本土でその負担を引き受けようとしないのは明らかに沖縄への差別で、植民地主義の表れともいえないか。

 戦後70年を経て、日本全体で基地問題にきちんと向き合っていかなければならない。日米安保条約が必要と考えている議員を選出している地域は率先して手を挙げ、基地負担を全国平等に担っていただきたい。

 

| | コメント (0)

辺野古新基地を問う

沖縄には、琉球新報と沖縄タイムスという2紙がある。どちらにも毎日辺野古の記事が必ず載る。いま、辺野古では公有水面埋立法を逸脱した違法な作業が海上保安庁などに守られながら進められている。非暴力の抗議活動にけが人まで出るといった異常な状態だ。
そんな中、沖縄大学で緊急シンポジウムが開かれた。題して「辺野古新基地を問う」。パネラーは、川瀬光儀、宮本憲一、桜井国俊の3氏。会場は立ち見もでるほどの熱気。沖縄の基地問題は冷めることはない。時機にかなったいい集会であった。

P1040064

| | コメント (0)

歌の力

辺野古や高江の座り込みではさまざまな歌が歌われています。このために作られた歌もあれば替え歌もあります。沖縄のこうした行動には常に歌や踊りがあり参加していても楽しくなります。

P1040030

P1040032_2

| | コメント (0)

辺野古新基地反対の抗議行動

P1040026沖縄では辺野古新基地反対の新知事が誕生したにもかかわらず新基地建設のための工事が進められています。16日も多くの人が集まり抗議の声をあげました。

P1040019

| | コメント (0)

辺野古のいま

知事選挙翌日の辺野古。海には立ち入り禁止のフロートは浮いているもののとても静か。夜の報道ステーションの放送のリハーサルが行われていた。
P1030972

P1030971_2

| | コメント (0)

バロンさんからいただいたCD

今年も高江の座り込みに4日間顔を出した。そして、すぐ近くの頭上をオスプレイが騒音をまき散らしながらペリパッドへの離着陸を繰り返していた。そのとき出合った3人組を那覇まで送る。昼食と取るために寄った恩納村の「ちゅらさ〜」でバロン君はウクレレを弾きながら歌を歌ってくれた。そして、こんなこともできるといって、帽子芸も見せてくれる。かれは世界中をまわって路上芸をしてきたという。別れるときにお礼だと言ってくれたのがこのCD。いい記念になった。なお、この3人組は阿佐ヶ谷で高江を支援するグループとして活動している。
P1030648

http://www.baronandjordon.com

| | コメント (0)

基地の中の沖縄

P1030575こんな車が一般道を走っている。これが沖縄だ。

P1030574

| | コメント (0)

オスプレイはいらない

P1030572高江の座り込みに4日間通う。初めてオスプレイを間近に見る。墜落の危険もあるが、騒音もひどい。ヘリパッドへの離着陸を何度も行っていた。ヘリパッドは一つ完成。現在2基目を建設中。
P1030568

P1030549

| | コメント (0)