タバコ

禁煙学会学術総会

今年の総会は沖縄。浦添市にあるコンベンションセンターで行われた。「映画とタバコ」と題して、ポスター展示も行った。
P1030963
P1030961

P1030960

| | コメント (0)

受動喫煙被害損害賠償事件の判決があった

12月17日、東京地裁でタクシー運転手安井幸一氏の受動喫煙被害損害賠償訴訟の判決があった。2008年に提訴してから5年が経過してやっとこの日を迎える。判決は残念ながら棄却。しかしながら、安井氏本人と岡本光樹弁護士の粘り強い努力と情熱により、一部ではあるが今後の闘いに生かせる指摘を勝ち取ることができた。

1、受動喫煙は、呼吸器系のがんや虚血性心疾患の因子として医学的な関連性が肯定されることについては、コンセンサスが成立している。

2、コホート研究において、考えられるバイアス要因をすべて排除することなど不可能であり、こうした攻撃によって疫学研究の成果を否定しようとするのが、真摯に科学的な態度とはいえない。能動喫煙と受動喫煙が、同じたばこ煙への暴露であるからと言って同列に論じえるようなものでないことは、被告が主張するとおりだが、そのような違いがあるからといって、受動喫煙について蓄積されてきた疫学調査研究による実証的な成果を否定する理由にはならない。

以上2点は被告JT側の言い分を退け、原告の主張をほぼ認めたものといえる。しかしながら、損害賠償が認められていないことや病気になった原因をタバコとしていないことをなどから今年中には控訴する予定だ。

| | コメント (0)

完全禁煙のホテル

2012_033 

 東京・上野には完全禁煙のホテルがあります。どんなりっぱなホテルでもまだ全館禁煙のホテルはそうないでしょう。

 この「キューブホテル上野」は入谷口と御徒町の2軒あります。ともに完全禁煙です。

 そして、すごいところは、ホテル内でタバコを吸った場合は5万円の支払いに同意する旨書かれた書面にサインさせられるのです。

 これだけ徹底していると本当に館内の空気はきれいです。安心して過ごすことができます。

 料金も手ごろです。ぜひ東京にお出かけの際は利用してみてください。

 

| | コメント (0)

タバコ病をなくす横浜裁判・東京高裁判決

2012_032
 3月14日、「タバコ病をなくす横浜裁判」の控訴審判決が東京高裁でありました。

 地裁同様、タバコ被害に対して、無理解・無知に満ちた判決内容でした。

 驚くべきことは、まだタバコはし好品であるとの認識です。コーヒーやお茶と同じだとみているのです。

 広辞苑によると、し好品とは「栄養摂取を目的とせず、香味や刺激を得るための飲食物」となっています。(ただし、ここにもタバコは入っています)

 しかしながら、タバコは飲食物でしょうか。私たちは薬事法でいう「薬物」と考えるのですがいかがでしょうか。

 また、判決文では「たばこの製造・販売を全面的に禁止している国は見当たらない。」と言っています。しかしながら、ブータンは製造・販売を禁止しているのです。このように事実を全く無視したひどい判決です。

| | コメント (0)

お別れ会

3月12日、「タバコ病をなくす横浜裁判」の原告団長であった水野さんのお別れ会がありました。横浜市のセレモニーホール金沢文庫において、無宗教の形式で多くの人の参列の中、故人をしのぶ友人等からの挨拶もあり、とても胸にせまるものがありました。

水野さん以下3名の方が、この社会からタバコ病をなくしたいという思いで、2005年1月19日に横浜地裁に提訴し、お一人はすでに亡くなり、また肺気腫を患った水野さんは酸素ボンベをかかえながら裁判闘争もたたかってきました。

その水野さんが、高裁での判決(3月14日)を目の前にして、7日の夜に他界されてしまいました。地裁での判決は全くタバコに関して認識の甘いのもでしたが、高裁では裁判長の訴訟指揮が一転し、明日の判決にかすかな希望が見えてきただけに、その判決を聞けずに亡くなられてしまったことはとても残念です。

タバコ病を患っている者の一人として、この裁判を当初から応援をしてきましたが、明日の判決がどうなろうとも、この世の中からタバコで苦しむ人がなくなるまでは闘いをやめるわけにはいかないと決意を新たにしているところです。

| | コメント (0)

誰も教えてくれない「タバコの真実」

P1010994_640x480
琉球新報の広告欄に沖縄県医師会県民健康フォーラムの案内が出ていました。

内容は以下の通り

「タバコの嘘をあばく」山代寛 氏

「無料でできる職場の受動喫煙対策」清水隆裕氏

など。両氏は日本禁煙学会に所属し、日ごろからタバコの害について訴えておられます。

とき:2月18日 13:30~15:30

ところ:パシフィックホテル沖縄

この日は沖縄にいないので聞きにいけません。残念。

| | コメント (0)

タバコやめるのだ

2012_032_640x480
那覇市内を散歩中に見つけました。駐車場に張られていた布製の横断幕です。

私には「やめるのだ」→「やめるノダ」→「やめる野田」にも見えました。

白地に黒で書かれたこの看板には作者の強い意志を感じました。

| | コメント (0)

ラーメン店(禁煙)

Photo_2 映画館ジャック&ベティに行ったついでに近くにある禁煙のお店で昼食をとろうと考えていたのですが、生憎本日まで正月休みでした。

そこで伊勢佐木町の商店街で禁煙で適当なお店がないかと探したところ、割と近くに禁煙のラーメン店がありました。

入り口に禁煙表示はなかったのですが、覗いたところ禁煙マークが見えたのでドアを開けて「店内は禁煙ですか」と聞いたところ「禁煙ですよ」と気持ちのよい答えが返ってきました。

駿河湾でとれた桜海老が売りで味もくせがなくおいしく食べることができました。お店の人もとても感じがよかったのでまた利用したいお店です。

| | コメント (0)

タバコフリー in 国会

タバコフリー in 国会
参議院議員会館で標記の集会がありました。全国各地からタバコ運動に係る多くの人たちが集まりました。会場内は立ち見も出るほどの熱気に包まれました。

| | コメント (0)

タバコとポロニウム210

時事通信の配信記事です。

◎たばこの放射能測定を要請=禁煙学会「ポロニウム含有」

 (10/17-19:37)

 NPO法人「日本禁煙学会」は17日、たばこには放射性

物質ポロニウムが含まれており、吸うと肺がんを引き起こす

リスクが高まるとして、厚生労働省にたばこのポロニウム

濃度の測定などを要請した。

 同会は、たばこによる肺がんリスクを調べた米カリフォル

ニア大のカラギュージアン教授らの論文を基に、たばこの

ポロニウムは吸引すると気管支分岐部に高濃度で吸着し、

肺がんリスクが上昇すると主張。副流煙には主流煙の1~4

倍のポロニウムが含まれているとし、受動喫煙も危険だとした。

 ポロニウムは魚などの食品にも含まれているとされるが、

同会の作田学理事長は「食道を通って摂取した場合は、ほとん

どが体外に排出される」と話している。 

 日本たばこ産業IR広報部は「特にコメントすることはない」

としている。

| | コメント (0)