« 「カラカラ」とは、空になった容器のこと。心のむなしいことでもあるのです。 | トップページ | 守る命 問う差別 »

「普天間かおり」コンサート 那覇市の桜坂劇場で

P1020666_240x3202012年10月で、メジャーデビュー10年を迎えた普天間かおり。その記念のアルバムが「Smile Again」。この記念ツアーの締めくくりが地元沖縄でした。
あの311の時、ラジオ福島で生放送中だったという。その後は、明日への勇気が出るようにと、そんな願いを込めて歌をつくり、歌っているという。「Smile Again」はそんな作品だ。
「千年桜」は東北3県の津波最高到達点に、桜の植樹を行っているNPO法人さくら並木ネットワークのテーマソング。
「普天間のかおり~琉球うみない哀歓歌~」は古謝美佐子との共演。琉球王朝の琉歌のながれをみごとに表現。
アルバムには入っていないが、「竜神マブヤー」のテーマソングをアルベルト城間と共演。彼の力強い歌に圧倒される。
この沖縄の地で、歌の持つ力、心をふるわせる感動を味わえたことは実に幸せである。
なお、普天間かおりは南城村の出身で、このたび新設の小学校校歌の作成を依頼されたとか。その歌もさわりだけ披露してくれたが、見事な出来栄えでした。
また、この村はこの10年で3千人も人口が増えているとか、そして、廃校が進む世の中で新設の学校ができるほど魅力的な地域なのですね。近くにはあの普天間飛行場があるというのに。

|

« 「カラカラ」とは、空になった容器のこと。心のむなしいことでもあるのです。 | トップページ | 守る命 問う差別 »

映画・演劇・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「カラカラ」とは、空になった容器のこと。心のむなしいことでもあるのです。 | トップページ | 守る命 問う差別 »