« ピースフェスティバル | トップページ | 立冬の畑 »

ピースフェスティバルin大和・綾瀬

2012_008
大和駅前のプロムナードで開催されました。
舞台が設置され、それを取り巻くように模擬店が並んでいました。
また、中央のは座間や普天間の基地が模型で展示され、これらの基地がいかに住宅密集地にあるかが一目でわかるようになっていました。
コンサート出演者
・関ジョニー 二本松からやってきた元よろずバンドのメンバーです。
・カテリーナ チェルノブイリから3キロほどのところに住んでいました。事故当時は生まれて1か月、父親を残してキエフへ移動。その父親は昨年の1月に亡くなったと言います。放射能の影響は20年以上もたってからでてくるということではないでしょうか。
・寿 久しぶりに聞きました。いつもこうやって平和の舞台に立っているようです。力強い元気な歌声に励まされます。特に、チリのピノチェト政権に虐殺されたビクトル=ハラの「平和に生きる権利」という歌は素晴らしかったです。
・朴保BAND  4人組のメッセージ・ロックです。歯に衣を着せない言葉の重みがビシビシと伝わってきました。平和への想い、脱原発への想い、反基地への想い、どれもよかった。

|

« ピースフェスティバル | トップページ | 立冬の畑 »

平和・基地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピースフェスティバル | トップページ | 立冬の畑 »