« 草が畑を覆っていました。 | トップページ | 壊された5つのカメラ »

2012.8.5 オスプレイ反対首都圏集会

P1020443沖縄の県民集会に呼応して開催されましたが沖縄では台風のため延期となりました。しかし、首都圏では会場にあふれるほどの人が集まり関心の高さをみせています。

基調講演をした東京大学の高橋哲也氏は基地も原発も「犠牲のシステム」の上に成り立っている。少数の利益のために多くが犠牲になっているといいます。いま、私たちもそのことに気づきひとりひとりがあちこちで声を上げ始めているのではないでしょうか。

原発も基地も、平和で安心して暮らせる世の中には必要のないものです。ともにアメリカという黒い影が背後にあり、それらに操られた官僚や政治家がいます。それらの人々は「命よりもお金」「命よりも経済」「命よりも発展」を優先させています。私たちの声はまだまだ政府を動かすところまではいっていませんが、いつかは世界各地で起こっている民衆のうねりと同様にきっとこの地にも新しい流れが生まれることを確信しています。


P1020448


P1020442

P1020445

|

« 草が畑を覆っていました。 | トップページ | 壊された5つのカメラ »

平和・基地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 草が畑を覆っていました。 | トップページ | 壊された5つのカメラ »