« FCTCのTシャツはいかがですか | トップページ | 北海道も暑いです »

6.29首相官邸前

6.29首相官邸前へ行ってきました。毎週金曜日夜、原発再稼働反対に人々は集まってきます。よくある労働組合の動員ではありません。ひとりの意思をもった人々の集まりです。ドラムなどの鳴り物もにぎやかです。しかし、それ以上に口々に発する「再稼働反対」の声が大きく響き渡っていました。

はじめは、歩道を占めていたのですが、時間が経つにつれて人の波は歩道をはみ出し、しまいには6車線の車道まで埋め尽くしてしまいました。警察のいままでの対応は規制や弾圧が主でしたが、今回は人の流れを整理するという役割に徹していました。これは組織されていない人々の扱いに慣れていないということかもしれません。

この流れは決して止まることはないでしょう。「大きな音が聞こえた」などと官邸の主は言っているようですが、これは単なる音ではありません。いままであまり声を出さなかった人々の切実な叫びです。主張です。

民主主義国というのならば、これらの声を無視することはできないはずです。まだまだ未熟な国ですが、これを契機に国のあり方を変えていく希望が見えてきたような気がします。

なお、マイフォトに官邸前の写真を追加しました。

|

« FCTCのTシャツはいかがですか | トップページ | 北海道も暑いです »

脱原発・環境・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FCTCのTシャツはいかがですか | トップページ | 北海道も暑いです »