« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

葉わさび

P1020129 葉わさびの花がいつものように咲いています。濃い緑の葉に白い花がとてもきれいです。

軽く湯がいて、お醤油を数的たらして食べるのがいいですね。ぴりっとした辛さが胃に刺激的です。

| | コメント (0)

弁天桜(田村市)

P1020126 福島県田村市にある弁天桜です。

福島では三春の滝桜が有名ですが、このような枝垂桜はいたるところにあります。

手前に植えられているのは水仙です。

| | コメント (0)

FCTCマーク入りエコバックをご利用ください

2012_016
 FCTC(たばこ規制枠組み条約)への理解を広げていくために、身近なところで使えるエコバックを作りました。

 

 生成りで布製です。100%綿。

 

 「禁煙工房」の製作作品です。

 サイズは、39.5×39.5×14 センチ

 代金は、1枚800円

 

ご注文は、susu-kimi@nifty.com まで。

| | コメント (0)

無煙映画大賞とは

 この賞は次のようなことを目的に設けられました。

➀ 映画に携わる俳優及びスタッフなどすべての働く人々をタバコの能動喫煙・受動喫煙の害から守ること。

➁ 映画俳優の喫煙シーンがきっかけでタバコ依存症などになった人が多いので、喫煙シーンをなくすことで当事者だけでなく観客もタバコの害から守ること。

➂ 2004年に日本も批准し、世界170以上の国や地域が批准している国際条約「たばこ規制枠組み条約(FCTC)」第13条(注1)を遵守することを促します。

④ ①、②、③により映画に関わる人々がいつまでも元気に活躍され、また映画を楽しむことができること。また、タバコのない健康な社会となることを願うものです。

 選考に当たっては、以下のことを考慮しました。

➀ 2011年中に一般公開された日本語映画であること。ただし、原則として時代劇とアニメは除く。

➁ 作品にタバコの煙がでないこと。PP(注2)としてのタバコも登場しないこと。

➂ 誰でもが楽しめる内容であること。

(注1) FCTC第13条 タバコの広告・販売促進・スポンサーシップの制限・禁止をする。 従来からある情報提供手段(印刷・テレビ・ラジオ)およびインターネット、携帯電話、映画を含むあらゆる形のニューテクノロジーを用いた情報提供手段による広告・宣伝の禁止。

(注2) PP(product placement) とは、映画やテレビの番組内で、広告主の商品を使い、認知やイメージを高めようとする広告手法。広告主は、商品を製作側に提供する。CMよりも商品に対する視聴者の重要度が高いという長所がある。反対に、商品の表現について製作側から制限される場合もある。製作者側も広告主も共同のキャンペーンが張れるというメリットがある。(経済ビジネス用語辞典より)

 

 

 

| | コメント (0)

2011無煙映画大賞

私たちが昨年上映された映画の中から選んだ無煙映画大賞は以下のようになりました。

無煙映画大賞作品賞 「ツレがうつになりまして」 監督=佐々部清  

無煙映画大賞主演女優賞 北川景子  出演作品「パラダイス・キス」

無煙映画大賞主演男優賞 岡田将生  出演作品「アントキノイノチ」

無煙映画大賞監督賞   秋原正俊  「蜘蛛の糸」

無煙映画大賞話題賞 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

無煙映画大賞特別賞 「私たちの時代」、「田中さんはラジオ体操をしない」、「よみがえる琉球芸能 江戸上り」

 <受賞理由>2011年 汚れた灰皿賞(モクモク賞) (注3

 「ツレがうつになりまして」 (無煙映画大賞作品賞)

 喫煙シーンがなく、映画出演者や制作者の受動喫煙被害を予防しただけでなく、FCTC(たばこ規制枠組条約)13条を遵守しタバコの宣伝をせず、鑑賞者をタバコから守りました。また、映画の内容も現代病とも言われている「ウツ病」という重いテーマでありながらユーモアのある脚本と出演者の力演、(なかでもペットのイグアナの「イグ」の怪演は助演動物賞ものです。)で見ごたえのある作品になりました。

 北川景子 (無煙映画大賞主演女優賞)

 「パラダイス・キス」」で、「自分の可能性を信じなきゃ、何も始まらない」とガンバル高校生役をいきいきと演じました。これからもタバコとは無縁の作品を選んで出演し、いつまでも健康で美しい肌を保ち、いくつになっても高校生役ができ、映画界発展のためにご活躍されることを期待いたします。

 岡田将生 (無煙映画大賞主演男優賞)

 「アントキノイノチ」で、高校時代の事件がきっかけで心を閉ざしてしまったものの、遺品整理という仕事を通して未来をみて生きていこうと再生する若者を繊細にそして力強く演じました。これからもタバコとは無縁の作品を選んで出演し、いつまでも健康で映画界発展のために活躍されることを期待します。

 秋原正俊 (無煙映画大賞監督賞)

 映画「蜘蛛の糸」で芥川龍之介の隠れた名作「煙草と悪魔」を取り上げ日本にタバコが蔓延した理由を映画という媒体を通して芸術的でありながらしかし本質をついた演出で紹介した功績は大変大きいものです。これからも、映画に携わる人々をタバコの害にさらすことなく、末永く健康で映画界で活躍されることを期待します。

 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(無煙映画大賞話題賞、田中誠監督)

 貴作品は今年破竹の勢いのAKB48のメンバーのひとり前田敦子を主役にし、大ベストセラーの経済学書を原作にし誰にもわかりやすい内容の映画にしました。高校生が主役の内容で子供とともに家族で楽しめる作品でしたが、喫煙シーンがなく無煙にしたことは大変素晴らしいことです。出演者やスタッフをタバコの害から守ったばかりでなく、映画が未成年者の喫煙へのきっかけのひとつとなる危険を避けました。

 「私たちの時代」 (今村亮監督)

 2007年能登半島を襲った地震で門前町は大きな被害を受けましたが、めげずにグラウンドに立つソフトボール部の女子部員の姿とその後の活躍は悲嘆にくれる市民を勇気づけました。2011年この時だからこそ「明日への希望」を与えてくれるこの作品を多くの人に見てほしいと思います。

 「よみがえる琉球芸能 江戸上り」 (田名真之監督)

 江戸時代に行われていた琉球からの「江戸上り」は各地で絶賛され、多くの絵巻を残しました。最後の「江戸上り」から160年後その絵巻を頼りに復活を試みる人々のドキュメンタリーです。大国のはざまで優れた芸能を育てることで生き残りをかけた琉球政府の姿は現代にも生かされるのではないでしょうか。

 「田中さんはラジオ体操をしない」 (マリー デロフスキー監督)

 大企業が労働者の人格を否定して奴隷化することに抵抗し、解雇された田中さんは毎朝出勤する仲間の前でプロテストソングを歌います。田中さんの正義を貫く潔さが美しく、JT、という大企業を相手に闘っている私たちに勇気を与えてくれます。

 

「まほろ駅前多田便利軒」(大森立嗣監督)

「マイ・バック・ページ」(山下敦弘監督)

「僕たちは世界を変えることができない」(深作健太監督)

「これでいいのだ 映画★赤塚不二夫」(佐藤英明監督)

「ワイルド7」(羽住英一郎監督)の各製作者

 ・以上5作品を代表して、「まほろ駅前多田便利軒」無煙映画大賞汚れた灰皿賞を授与します。

過去の受賞歴 2004年「父と暮せば」(黒木和雄監督 宮沢りえ、原田芳雄出演)

       (2005年、2006年は該当作品なし) 

           2007年「キサラギ」(佐藤祐市監督)     

           2008年「ハンサム★スーツ」(英 勉監督)   

        2009年「おと な り」(熊澤尚人監督)

        2010年「アンダンテ ~稲の旋律~」(金田敬監督)

 

| | コメント (0)

タバコフリーウィメンTV

タバコフリーウィメンTV
本日夜9時から、ユーストリームのtobacco free women TV で無煙映画大賞の話をします。

| | コメント (0)

こころで昼食

こころで昼食
神奈川へ帰る途中、パンの店こころで昼食。今日は通常のパンはほとんど売り切れ。
特別なサンドイッチとスープを用意してくれました。

| | コメント (0)

雨水の利用

P1020120 昨年の大地震以降、山水の流れが変わり今まで使っていた引き水が使えなくなってしまいました。

そこで、物置と食料庫の樋から雨水を誘導し、100リットルのローリータンクにためることにしました。

竹の樋をつくり、誘導にも竹筒の中をホースを通してタンクへ入るようにしています。

一晩雨が続くといっぱいになります。

| | コメント (0)

日本禁煙学会仙台総会・無煙映画大賞ポスター展示

P1020115 4月7日~8日にかけて行われた日本禁煙学会・仙台総会で昨年上映された無煙映画の各賞の発表を行うとともに、無煙映画のポスター展示も行ってきました。

作品賞は、「ツレがうつになりまして。」

主演女優賞は、北川景子(「パラダイス・キス」)

主演男優賞は、岡田将生(「アントキノイノチ」)

監督賞は、秋原正俊(「蜘蛛の糸」)

話題賞は、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

特別賞は、「私たちの時代」

「田中さんはラジオ体操をしない」

「よみがえる琉球芸能 江戸上り」

授賞式は6月3日、タバコ問題首都圏協議会主催の世界禁煙デー記念シンポジウムで行います。

| | コメント (0)

るんびにい美術館

るんびにい美術館
花巻市内にある美術館です。
レストランも併設されているので、ここにもよく立ち寄ります。
館内には障がいのある人たちが作った作品が展示販売されています。
静かで落ち着けるので、とても気に入っています。

| | コメント (0)

花巻・大沢温泉

花巻・大沢温泉
大沢温泉には自炊部があります。毎年、体調を整えるためにやってきます。
自炊が出来て、料金も手頃で、雰囲気もいいのですが、困ったことにタバコ臭いのです。何度も要望を出しているのですが、あまり改善されません。
売店にはたばこ小売組合の看板がかかっていました。

| | コメント (0)

EPO

EPO
日本禁煙学会の仙台総会。仙台国際センターにて。夜の懇親会にEPO が出演。初めて聴く歌声に感動しました。

| | コメント (0)

湯たんぽ

湯たんぽ
山荘の暖房は薪ストーブだけでしたが、今年からこたつを持ち込み、中には湯たんぽを入れることにしました。
この湯たんぽは陶器製でいまでは売られていないものです。なんでもとって置くと役に立つ時が来るもんですね。

| | コメント (0)

4月の雪

4月の雪
昨夜の低気圧は強い風と雪を連れてきました。
ここでの4月の雪は初めてです。田んぼも畑もうっすらと雪が積もっています。
この寒さはいつまで続くのでしょうか。

| | コメント (0)

ロケットストーブ

ロケットストーブ
昨日、今年初めて福島の山荘にやってきました。日影にはまだ雪が残っています。まわりは人影もなくひっそりとしています。
昨年に引き続き、今年もプロパンガスは止めたままです。そこで登場したのがこのロケットストーブです。ここでの煮炊きはこれと、七輪とソーラークッカーです。今日は天気もよく楽しく調理ができました。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »