« タバコフリーウィメンTV | トップページ | 無煙映画大賞とは »

2011無煙映画大賞

私たちが昨年上映された映画の中から選んだ無煙映画大賞は以下のようになりました。

無煙映画大賞作品賞 「ツレがうつになりまして」 監督=佐々部清  

無煙映画大賞主演女優賞 北川景子  出演作品「パラダイス・キス」

無煙映画大賞主演男優賞 岡田将生  出演作品「アントキノイノチ」

無煙映画大賞監督賞   秋原正俊  「蜘蛛の糸」

無煙映画大賞話題賞 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

無煙映画大賞特別賞 「私たちの時代」、「田中さんはラジオ体操をしない」、「よみがえる琉球芸能 江戸上り」

 <受賞理由>2011年 汚れた灰皿賞(モクモク賞) (注3

 「ツレがうつになりまして」 (無煙映画大賞作品賞)

 喫煙シーンがなく、映画出演者や制作者の受動喫煙被害を予防しただけでなく、FCTC(たばこ規制枠組条約)13条を遵守しタバコの宣伝をせず、鑑賞者をタバコから守りました。また、映画の内容も現代病とも言われている「ウツ病」という重いテーマでありながらユーモアのある脚本と出演者の力演、(なかでもペットのイグアナの「イグ」の怪演は助演動物賞ものです。)で見ごたえのある作品になりました。

 北川景子 (無煙映画大賞主演女優賞)

 「パラダイス・キス」」で、「自分の可能性を信じなきゃ、何も始まらない」とガンバル高校生役をいきいきと演じました。これからもタバコとは無縁の作品を選んで出演し、いつまでも健康で美しい肌を保ち、いくつになっても高校生役ができ、映画界発展のためにご活躍されることを期待いたします。

 岡田将生 (無煙映画大賞主演男優賞)

 「アントキノイノチ」で、高校時代の事件がきっかけで心を閉ざしてしまったものの、遺品整理という仕事を通して未来をみて生きていこうと再生する若者を繊細にそして力強く演じました。これからもタバコとは無縁の作品を選んで出演し、いつまでも健康で映画界発展のために活躍されることを期待します。

 秋原正俊 (無煙映画大賞監督賞)

 映画「蜘蛛の糸」で芥川龍之介の隠れた名作「煙草と悪魔」を取り上げ日本にタバコが蔓延した理由を映画という媒体を通して芸術的でありながらしかし本質をついた演出で紹介した功績は大変大きいものです。これからも、映画に携わる人々をタバコの害にさらすことなく、末永く健康で映画界で活躍されることを期待します。

 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(無煙映画大賞話題賞、田中誠監督)

 貴作品は今年破竹の勢いのAKB48のメンバーのひとり前田敦子を主役にし、大ベストセラーの経済学書を原作にし誰にもわかりやすい内容の映画にしました。高校生が主役の内容で子供とともに家族で楽しめる作品でしたが、喫煙シーンがなく無煙にしたことは大変素晴らしいことです。出演者やスタッフをタバコの害から守ったばかりでなく、映画が未成年者の喫煙へのきっかけのひとつとなる危険を避けました。

 「私たちの時代」 (今村亮監督)

 2007年能登半島を襲った地震で門前町は大きな被害を受けましたが、めげずにグラウンドに立つソフトボール部の女子部員の姿とその後の活躍は悲嘆にくれる市民を勇気づけました。2011年この時だからこそ「明日への希望」を与えてくれるこの作品を多くの人に見てほしいと思います。

 「よみがえる琉球芸能 江戸上り」 (田名真之監督)

 江戸時代に行われていた琉球からの「江戸上り」は各地で絶賛され、多くの絵巻を残しました。最後の「江戸上り」から160年後その絵巻を頼りに復活を試みる人々のドキュメンタリーです。大国のはざまで優れた芸能を育てることで生き残りをかけた琉球政府の姿は現代にも生かされるのではないでしょうか。

 「田中さんはラジオ体操をしない」 (マリー デロフスキー監督)

 大企業が労働者の人格を否定して奴隷化することに抵抗し、解雇された田中さんは毎朝出勤する仲間の前でプロテストソングを歌います。田中さんの正義を貫く潔さが美しく、JT、という大企業を相手に闘っている私たちに勇気を与えてくれます。

 

「まほろ駅前多田便利軒」(大森立嗣監督)

「マイ・バック・ページ」(山下敦弘監督)

「僕たちは世界を変えることができない」(深作健太監督)

「これでいいのだ 映画★赤塚不二夫」(佐藤英明監督)

「ワイルド7」(羽住英一郎監督)の各製作者

 ・以上5作品を代表して、「まほろ駅前多田便利軒」無煙映画大賞汚れた灰皿賞を授与します。

過去の受賞歴 2004年「父と暮せば」(黒木和雄監督 宮沢りえ、原田芳雄出演)

       (2005年、2006年は該当作品なし) 

           2007年「キサラギ」(佐藤祐市監督)     

           2008年「ハンサム★スーツ」(英 勉監督)   

        2009年「おと な り」(熊澤尚人監督)

        2010年「アンダンテ ~稲の旋律~」(金田敬監督)

 

|

« タバコフリーウィメンTV | トップページ | 無煙映画大賞とは »

映画・演劇・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タバコフリーウィメンTV | トップページ | 無煙映画大賞とは »