« お別れ会 | トップページ | 完全禁煙のホテル »

タバコ病をなくす横浜裁判・東京高裁判決

2012_032
 3月14日、「タバコ病をなくす横浜裁判」の控訴審判決が東京高裁でありました。

 地裁同様、タバコ被害に対して、無理解・無知に満ちた判決内容でした。

 驚くべきことは、まだタバコはし好品であるとの認識です。コーヒーやお茶と同じだとみているのです。

 広辞苑によると、し好品とは「栄養摂取を目的とせず、香味や刺激を得るための飲食物」となっています。(ただし、ここにもタバコは入っています)

 しかしながら、タバコは飲食物でしょうか。私たちは薬事法でいう「薬物」と考えるのですがいかがでしょうか。

 また、判決文では「たばこの製造・販売を全面的に禁止している国は見当たらない。」と言っています。しかしながら、ブータンは製造・販売を禁止しているのです。このように事実を全く無視したひどい判決です。

|

« お別れ会 | トップページ | 完全禁煙のホテル »

タバコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お別れ会 | トップページ | 完全禁煙のホテル »