« 大地再生エゴマプロジェクト | トップページ | タバコとポロニウム210 »

タバコと放射性物質

日本禁煙学会はタバコと放射性物質に関して以下のような声明を発表した。

タバコに放射性物質のポロニウム210が含まれていることは以前から指摘されていたが今回はそれをさらに具体的に示したものです。この見解は厚生労働省などへも直接申し入れている。

1.タバコにポロニウムが相当量(0.510.60pCi/)含まれていることは事実である。

2.燃焼すると、タバコ煙中の毛髪状粒子に吸着する。

3.タバコのフィルターは何の効果もなく、97%まで通す。

4.吸引すると気管支分岐部がホットスポットとなり、毛髪状粒子が高濃度に吸着する。

5.ホットスポットのポロニウムが十分に肺がんを引き起こすことも証明されている。

 タバコ産業の科学者による放射線の見積もりによれば25年間に1000人のうち120~ 

 138人の超過死亡がおこると計算できる。

6.タバコを吸うとベンツピレンなどとの複合汚染となり、高率に肺がんを引き起こす。

7.タバコ産業は1980年にはすでに酸処理やレジンフィルター処理でポロニウムを99

  除染する方法を知っていたが、何の対策も行わなかった。

8.日本はタバコに世界で最も高濃度のポロニウムが含まれている国の一つである。

9.副流煙にも主流煙の14倍のポロニウムが存在し、受動喫煙は危険である。

10.まだ喫煙を続けている方は、これらの事実から、ただちに喫煙を中止してほしい。

11.すべての喫煙所・喫煙室・喫煙コーナー・喫煙席をただちに閉鎖し、タバコの煙は

放射性物質と認識して取り扱い、これらがある場所に人は近づいてはならない。  

|

« 大地再生エゴマプロジェクト | トップページ | タバコとポロニウム210 »

タバコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大地再生エゴマプロジェクト | トップページ | タバコとポロニウム210 »