« 9.19さようなら原発集会、武藤類子さんの訴え | トップページ | 大根のおろぬき »

2011東電株主総会株主提案趣旨説明

今年の株主総会には9300人以上の人が集まりました。会場周辺には警察官、警備員、社員が大勢出て参加者を誘導していました。本会議場はすでにいっぱい、モニター会場での参加でした。動議の賛否には本会議場以外は数えられないという全く不当なものでした。それでも例年以上に聞く耳はあったようで発言はそれほど制止されることもなく主張を述べていました。

なかでも福島県から来た浅田さんの株主提案趣旨説明はこころを打つものでした。以下に全文を掲載します。

 

東電株主総会 株主提案趣旨説明

1. はじめに

私は、原発大惨事により、福島県から石川県へ避難を余儀なくされました。原発から20Km余りの避難指示区域に住んでいました。
3号議案 定款一部変更の件につきまして、補足説明致します。株主総会開催通知9ページです。

2.誠意

611日のことです。この日は雨でした。母親を中心とするグループが福島から我が社へ、「学校グランドの汚された土の処分等を求める申し入れ」に来ました。事前に約束をしていたにも拘わらず、雨の降りしきる中、玄関はおろかひさしのある場所にも入れてもらえませんでした。詫びるどころか被害者である福島県民を門前払いしたのです。
社長さんは避難所で土下座して「誠意をもって対処したい」旨の発言をされていました。
社長さんの言う誠意とはどのようなことでしょうか。

3.第二の故郷・販売農家・自殺

さて、私は17年前に、自給自足を目指し、東京から福島へ移り住みました。その生活が一瞬のうちに奪われてしまいました。第二の人生と第二の故郷が奪われてしまったのです。ましてや、農業・酪農・漁業で生計を立てていた方々は、何もかも総てを奪われてしまったのです。将来を悲観して自ら命を絶った方もあります。強制移住させられた飯舘村の酪農家の牛との別れのニュースには涙を禁じえません。
対して、東電役員の方々は、報酬をもらっていますが、返上して被災地へ廻すことは考えないのでしょうか。

4.誠意を形に

誠意を形にして欲しいのです。例えばです。
南相馬市の病院では、お医者さんが一人で1日に170人もの患者を診察していると報じられました。東電病院から医師と看護師の半分を応援に出すことを考えましたか。東電病院は7階建ての立派な病院です。
風評被害に苦しんでいる福島と近隣の野菜を、社員食堂で 来る日も 来る日も 来る日も、使い続けていますか。

福島の子供たちは、屋外プールの使用を禁じられています。校庭での活動も制限されています。野原でも遊べない。育ち盛りなのです。株主の皆さん、役員の皆さん、皆さんの子供や孫と、置き換えてみて下さい。

5.想定外・組織のひび割れ

そしてまたも聞いてしまいました。「想定外であった」と。本当にそうなのですか。貞観地震のことを知っていたのではありませんか。経済性のために安全性を犠牲にしたのではありませんか。
ところで、福島第一原発では12345号炉のシュラウドのひび割れが相次ぎました。シュラウドは原子炉の要です。この他にもトラブルが多発しています。これは装置、即ちハードのひび割れです。
わが社のひび割れはハードばかりかソフトとしての組織にも及んでいます。数あるヒューマンエラーの中でも、昨年、第一原発6号炉の定期点検中に、誤って5号炉のECCSの制御ケーブルを抜くという重大なミスがありました。この時5号炉は運転中でした。そして2週間後に誤りにやっと気がついたのです。

6.原発は人智を超えたもの

わが社は、ハードもソフトもひび割れしています。原発を動かす資格はありません。
ましてや原発は人の智恵を超えたものです。使用済み核燃料無害化の技術を人類は持っていません。作業員の被曝という犠牲に立った電気です。④CO2発生を抑制できないし、定常時でも冷却に大量に使う水を海へ温かいまま戻しています。
人智を超えたものをつくってはいけないのです。動かしてはいけないのです。子供たち、孫たちにこれ以上ツケを廻してはなりません。

7.おわりに

福島に帰りたい。でも帰れない。少し大袈裟にいえば私たちは流浪の民となりました。やるせない、無念、悔しい、どんなに言葉を並べてもこの気持ちは言い尽くせません。このような経験は私たちだけで十分です。株主の皆さん、全国の皆さんに経験して欲しくはありません。
株主の皆さん!! 「さようなら原発」「脱原発」を高らかに議決して下さるようお願い致します。
この"折バラ"は放射能から福島の子供たちを守る市民グループのために祈りを込めて折ったものです。この祈りを会長さん、社長さん、共にして下さい。("折バラ"1本ずつ渡す)

 

 

 

|

« 9.19さようなら原発集会、武藤類子さんの訴え | トップページ | 大根のおろぬき »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9.19さようなら原発集会、武藤類子さんの訴え | トップページ | 大根のおろぬき »